?

誰でも使いやすくスピーディに処理できる労務管理システム

ポーズを決める女性

使いやすい最新式の人事労務管理システムを導入しよう

!

会社の成長にともない、その時その時の必要に応じて手順をシステム化していくというやり方は珍しくありません。また、システムそのものも、時代の変化に合わせてより便利なもの、より簡単に使えるもの、より包括的なシステムといった具合に進化しています。人事や労務管理業務についても、ある時期にシステム化が必要と判断され、その時の最先端のシステムを導入したとしても、今もそれが最善のソリューションとは限りません。
もし、人事や労務管理業務が、部分的に異なるシステムで運用されていたり、書類ベースのマニュアル対応とシステム処理が混在しているようであれば、最新式の使いやすい人事労務管理システムを導入して、一元管理できるように体制を整備するのがおすすめです。人事や労務管理業務を進める上で、手続きが変われば使うシステムも変わるというのは非効率ですし、そこに書類ベースの手順も加わると、ワークフローも混乱し様々なトラブルの原因にもなります。本来、人事や労務管理業務は、会社の利益を生み出す類の業務ではないため、可能な限りの効率化が求められるところです。一元管理が可能なシステム導入によってそれが出来るようになりますので、是非、積極導入するといいでしょう。

手続きの迅速化が可能になる人事労務管理システム

慢性的な長時間労働、時間外労働の増加という状況を少しでも改善するためには、無駄な業務を無くすという方法もありますが、一つ一つの業務のスピードを上げて、所要時間を短縮するというやり方も考えられます。これを実現するのに役だつのが、人事労務管理システムを導入することです。長時間労働と一口にいっても、その内訳を見てみれば、実は本来業務ではなく、部下が増えた、あるいは従業員が増えたことで、人事労務管理関連業務に費やされる時間の割合が高くなったというケースがよくあります。
特に、紙ベースで多くの煩雑な手続きを処理している場合、この傾向は顕著と言っていいでしょう。そこで、人事労務管理システムを導入して、書類を使わない処理方法にシフトすれば、処理する業務内容は変わっていないにも関わらず、所要時間を大幅に短くすることが出来ます。こうして、労務管理や人事関連の仕事に取られる時間を減らした分、本来業務にそれを振り向ければ、トータルの労働時間もかなり短縮することが可能になるでしょう。
時間外労働、長時間労働が全社的な問題になっている会社は、是非一度、その真の原因が何かを割り出し、システム導入で業務の効率化を図りましょう。

採用強化をスタートさせる前に導入したい人事労務管理システム

事業拡大に備えて確実に準備しておく必要があることの一つに、採用活動の強化があります。ことに、新製品を積極的に開発して販売していく計画があるなら、開発に関与するスタッフに加え、営業のための人員も増員が不可欠です。そのため、これから採用を強化しようとしているなら、それと並行して、人事労務管理システムを導入するのも忘れないようにしましょう。
営業や開発のスタッフが、一気にであれ五月雨式であれ、継続的に続々増えるということは、それと同時に、労務管理ならびに人事関連の仕事も増えることを意味します。中には、営業と開発の人員増加と同時に、人事スタッフの増員も予定している会社もあるかもしれません。しかし、人事スタッフを増やす代わりに、増加した業務をより効率的に処理できるシステムを導入する方が、継続的な人件費負担が発生しない分、会社としてはお得と言えます。また、親入社員に最初からシステム化された人事労務管理手順に慣れてもらうことで、彼らも、就職初期のころから、そうした補助業務に必要以上に煩わされることなく、営業や開発といった本来業務に邁進できるでしょう。
余分な人件費負担なしに、人材をより生産的に活用できる人事労務管理システム。是非、積極導入をすすめましょう。


2019年の4月に導入したばかりの、申請・手続きがスマホで簡単にできる今話題の労務管理システム『DirectHR』は沢山の社員情報を管理している企業様を応援しています!