?

誰でも使いやすくスピーディに処理できる労務管理システム

ポーズを決める女性

業務分担可能なシステム導入により人事や労務管理の仕事の効率アップ

キャリアウーマン

概ね、どのような業務であれ、書類を使う手順よりもシステムで電子的に処理する手順の方がスピーディな対応が可能です。その意味では、人事労務管理システムを導入して、勤怠に関する報告と確認、給与明細の発行、人事労務管理関連の様々な申請手続きなどをシステムで行えるようにすると、それだけである程度の効率化は達成できます。
ただ、このシステムを導入することで、より大幅な効率化が可能になるとすれば、それは入社時のように、一時に多くの情報を扱う場合です。入社時には、従業員に関する詳細な情報を人事データベースに登録しますが、この際、紙ベースで処理を行うと、従業員が記入する役、人事部がデータベースに登録する役といった具合に、二度手間が発生する上に人事担当者の業務負荷が膨大なものになります。
この手順がシステム化されている会社では、従業員自ら必要な情報をデータベースに登録できるため、他に手間が発生するとすれば、登録内容に問題がないかどうかを人事が確認する場合くらいでしょう。書類の作成を最初からしないため、個人情報が詳細に記載された書類を保存するのか破棄するのか、いずれにしてもどのように個人情報を確実に保護するかといった問題も検討しなくて済みます。人事や労務管理業務を効率化できるシステムを選ぶ際は、この点での効率化も考慮に入れておきましょう。