?

誰でも使いやすくスピーディに処理できる労務管理システム

ポーズを決める女性

増加した人事労務管理業務はシステム化でスマートに対応可能

スーツの女性

業務が増えたときに、多くの企業が増員しないまま何とか今使えるスタッフだけでしのごうとするのには、それなりの理由があります。それは追加で採用した場合、人件費という重い負担が会社にのしかかってくるためです。しかし、増えた業務を少しずつ、今の仕事に上乗せして分担しても、いずれは限界が見えてきます。そして特に今は、時代の要請として、長時間労働を改善する必要にも迫られているので、当座しのぎではない解決策が必要になるでしょう。
そこで積極的な検討をおすすめしたいのが、人事労務管理システムを導入することです。本来業務が増加している場合は、採用をかけて担当者を増やす方向で検討するのもありでしょう。しかし、増えている業務の内容が、人事や労務管理関連の作業や処理の場合は、特に専門のスタッフなど増やすことなく、システム化することで負担軽減が可能です。例えば、入社時の社員に関する人材データベース登録作業も、システム導入されていれば、人事や上長は指示出しと確認をするだけで、労力のかかる登録作業は、社員各自に分担してもらうことが可能です。
増えた仕事の中身が何かによって、増員必須の場合と他の方法で対応可能な場合があります。労務管理や人事の事務的な処理業務が増加している分には、システム化で十分に対応可能でしょう。